中古ピアノと再生ピアノの違い

再生ピアノって何が違うの?
中古ピアノとの違いってどこなの?

中古ピアノについて

  • ◆簡単な調整・調律や清掃でとりあえず弾けるようにしている。
  • ◆安い特売品は調律さえもしていないピアノもある。
  • ◆購入後の維持費や修理費がかかることがある。

再生ピアノについて

  • ◆分解点検し、消耗及び痛んでいる部品の交換やサビ取り、ツヤ磨き出しなどを行いますので、見栄えだけではなく中身も違います。
  • ◆購入後の余分な修理代がかかりません。
  • ◆保証10年(売価23万円以上)がついているので安心です。

再生作業の内容

(1) 内部の分解点検

  • ◆金属部品のサビを落とす。(弦・チューニングピンなど)
  • ◆消耗が激しい、傷みがある部品の交換修理
  • ◆清掃・害虫駆除(フェルトや布の部分を食い荒らす害虫)

(2) 外装のクリーニング、ツヤの復元、キズの補修

  • ◆長年堆積した汚れ(ホコリ・油・タバコのヤニ・ワックスの拭き残し)を落とす。
  • ◆スリキズ・塗装の劣化により、無くなったツヤを復元
  • ◆キズ修理、キズが多い場合は塗装の塗り替え
  • ◆ペダルや蝶番のサビ落し

再生ピアノをお勧めします。

再生ピアノの売れ筋は30万円ぐらい、最近は新品も随分安い価格で買えるようになりました。

廉価版では50万円を切る物もあります。でも、以前はこんなに安かったですか? 当時の物価や貨幣価値で比べるとこんなに安くは買えなかったはずです。
ピアノは楽器なので昔から基本的な設計・構造、良いとされている材質に変わりはなく、人件費や材料費(木材やその他ほとんどが天然の材料)が上がれば価格も高くなって当然です。

現在の低価格ピアノは材料を安いものに変え、その価格で採算が取れるように作られるため、楽器の質までも落としています。
材質は音色や耐久性に大きく影響します。高額品と音を聞き比べてみるとすぐにわかります。
つまり昔のピアノの価格が高かったのは、それだけ質が良いということで、低価格の新品よりも音が良く、
耐久性に優れたものが多いということです。

質の良いピアノを低価格でと考えるのであれば、再生ピアノをお勧めします。

商品一覧へ

再生ピアノの保証について

再生ピアノは安心の保証付

再生ピアノは傷んでいる部品や消耗の激しい部品を交換していますので、5~10年間の保証がついています。

正常な使用状態における故障は、 当社の保証規定に基づき無料で修理いたします。

ピアノをお買い上げの皆様へ

ピアノ(楽器等)は、家庭の環境になじむまでしばらくの期間がかかります。
その間、鍵盤が下がったまま上がらなかったり、同じ鍵盤を、一度弾いたあとすぐに弾くと音が出なかったりすることがあります。
これはピアノの故障ではなく湿気が原因でおきる調整問題です。簡単な調整ですぐになおります。
どんな些細なことでもかまいませんので気になることがございましたらお気軽にご相談、お問い合わせください。

スタッフブログ
あの楽器も月々5,000円 スルガ銀行
クリーニングパックに調律をサービス!